読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺過ぎてちょっとビビる

26歳からIT業界にいるエンジニアが、まったく成長できてないことを確認するブログ。備忘録的に使いたいとも考えています。

【ブログ】備忘録としてはどっちが有効か【サイト】

日々思ったことをなんとなく、備忘録とか言って体裁つけてブログとして上げてはいるが、なんか無駄なのでは?という気がしてしょうがない。

 

 

というのも、実際の業務では全く生かされていないからだ。

まるで裏紙にメモったかのようなレベルで、あとで読み返してみてもなんだかよくわからない記事が多い。

 

ブログを書く意味ってなんなのか?とふと思ってしまう。

特にいま書いているような技術的なことを綴った内容の場合、あとで読み返すために

書いているのに、その場ではなんとなく書いているだけなのでライブラリになってない。

 

もし本当に備忘録としてつくろうと思うならサイトを作成したほうがだいぶマシなのではなかろうか・・・。

 

例えば、完全に止まってしまっているがVC++で作成しようとしていた家計簿アプリに関しても、サイトであればどこまで進んでいるのか経過がはっきりするが、ブログの場合なんか経過がわかりにくい・・・。

 

カテゴリを上手に分けるべきなのか。

そうすると、やろうとすることごとにカテゴリ作成が必要になるが・・・。

そっちのほうがいいかもしれないな・・・。

 

後はタイトルをもっと工夫すべきだな。