読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺過ぎてちょっとビビる

26歳からIT業界にいるエンジニアが、まったく成長できてないことを確認するブログ。備忘録的に使いたいとも考えています。

【Eclipse】インポートされた javax.servlet は見つかりませんというエラーの対応

スッキリわかるサーブレットJSPという本でWEBアプリケーションを勉強中なんだけど、開発環境を構築する部分でエラーになり進めなくなってしまった。

 

  1. Apache Tomchat v7.0をインストール成功。
  2. アプリケーションサーバの起動は確認ができた。
  3. HTMLファイルの作成もできた。
  4. JSPファイルの作成もできた。

 

サーブレットクラスを作成したタイミングで、エラーが発生。 確認すると以下のようなメッセージだった。

 

「インポートされた javax.servlet は見つかりません」

f:id:starscream1999:20170308204614p:plain

(赤枠で囲ったあたりでエラーとなった:対応後なのでこの画像ではエラーになっていない)

 

原因がよくわからなかったので、検索すると「Apache Tomcatライブラリーがない」ことが原因の様子。つまり、Tomcatライブラリーのビルドパスが通ってない。

 

そのApache Tomcatライブラリーはそもそもなに?

 

ということだけど、「servlet-api.jar」というjarファイルです。このjarファイルのビルドパスを通してあげる必要がある。servlet-api.jarはどこにあるか、というとtomcatのlib配下にある。Tomcat v7.0をどこにインストールしたかによるけれど、大体以下の場所にあるはず。

 

「C:Program FilesApache Software FoundationTomcat 7.0¥lib」

f:id:starscream1999:20170308205342p:plain

 

そして、Eclipse側のプロジェクトを右クリックで、「ビルドパス→ビルドパスの構成」を選択

 

f:id:starscream1999:20170308205721p:plain

 

その後、「外部jar追加」を選択

f:id:starscream1999:20170308210338p:plain

 

ダイアログにて、先ほどの「servlet-api.jar」を選択して終了。

f:id:starscream1999:20170308210559p:plain

 

これでエラーから解放されます。ヤッター!

 

スッキリわかる サーブレット&JSP入門 (スッキリシリーズ)

スッキリわかる サーブレット&JSP入門 (スッキリシリーズ)

 
基礎からのサーブレット/JSP 第3版 (基礎からのシリーズ)

基礎からのサーブレット/JSP 第3版 (基礎からのシリーズ)

 
TECHNICAL MASTER はじめてのJSP&サーブレット 第2版 Tomcat 8対応

TECHNICAL MASTER はじめてのJSP&サーブレット 第2版 Tomcat 8対応

 
「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか

 
わかりやすいJavaEEウェブシステム入門

わかりやすいJavaEEウェブシステム入門

 

Rubyインストール時のメモ(2017版)

とりあえず、Rubyのインストール時(インストール先のPCはWin10/64bit)のメモ

 

1 まずはRubyの本家サイトへ

オブジェクト指向スクリプト言語 Ruby

 

2 インストールページへ

ダウンロードページに行ってみたものの、よくわからないのでインストールページへ

 

3 どうやってインストールするか選ぶ

RubyInstallerを選択したので、RubyInsallerのページ

ダウンロードボタンを押して、どのバージョンをインストールするか選択する。

ちなみに今回ダウンロードしたのは現在最新版の2.3.3(64bit)

補足

  RubyInstallerとは

「安定版に多数の便利なライブラリを加えたもの。ベースはmingw32版」

 

4 ダウンロードしたインストーラーを実行

 
 インストール時のオプション
 1:Ruby の実行ファイルへ環境変数 PATH を設定する
 2:.rb と .rbw ファイルを Ruby に関連づける
 
 参考にしたサイト:http://www.buildinsider.net/language/rubytips/0004

 

5 とりあえずここまで

 

 

Ruby on Rails 5 超入門

Ruby on Rails 5 超入門

 
Effective Ruby

Effective Ruby

 
人工知能は人間を超えるか

人工知能は人間を超えるか

 
基礎 Python (IMPRESS KISO SERIES)

基礎 Python (IMPRESS KISO SERIES)

 

 


 
 

コミティアに行ってきました(コミティア119)

2月12日、有明の東京ビックサイトで開催された「コミティア119」に参加してきました。参加、といってもサークルとしての参加ではなくお客さんとしての参加です。こういったイベント、とくにいわゆるオタク系のイベントへの参加は初めてだったのでわからないことだらけでしたが、とてもワクワクしていました。

 

f:id:starscream1999:20170218183340p:plain

逆ピラミッドのような非常に神々しいデザイン。あそこでイベントが...

 

続きを読む

単体テストと結合テスト、そして総合テスト

今、あるWEBアプリケーションシステムのプロジェクトに参画している。とある金融系企業で現行システムにおける基盤側のEOLなどに伴って、それに乗っかっているアプリケーションのリファクタリングを行うというもの。まぁよくあるプロジェクトだ。

 

要件定義~基本設計~詳細設計が終わり、今は開発と単体テストの真っ最中。そのあと結合テストそして総合テスト、受入れテストが待っている。ざっくりと要件定義~基本設計~などと書いたが、実際は基盤側やアプリケーション側からそれぞれ現行システムの機能や環境面の調査が行われて、やっとここまで来た、という感じだろうか。

 

Subversionの基本設計書のフォルダ内にあるファイルを読むと、自分たちが参入するほんの数日前に完成したような機能概要フロー図などがあり、はたして実装・単体テストは順調にいくのだろうか?という疑念が強くある。

 

続きを読む

日本のSIerの未来

バカみたいにデカいくくりのタイトルになってしまったが、

 


この記事を読んだら、つい記事を書きたくなってしまった。記事の概要としては、

優秀な外国人学生が日本のSIerに就職したものの、本来発揮される分野や業務に就くことがなく、あくまでほかの一般的な新卒学生と同様としてひとくくりにされてしまった結果、彼ら優秀な外国人がSIerを去る、という話。学生の中には、「若干」日本語が不自由というだけでそれだけで言ってみれば「邪魔者扱い」をされていた者もいた。これは無意味に「グローバル化」を標榜してるだけのSIerが外国人技術者を扱えないことの証明であり、今後もこのような形で雑な扱いが続くようであればSIerの未来は暗い。

ということだ。

続きを読む