読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺過ぎてちょっとビビる

26歳からIT業界にいるエンジニアが、まったく成長できてないことを確認するブログ。備忘録的に使いたいとも考えています。

VisualStudior2013(Community)でVIEWの作成をGUIで行う

SQLServer データベース

記事タイトルでは、「作成をGUI行う」としたが、この記事内では実際に作成を行う手順等を記述しない。じゃあなぜ作ったのか?と言われたら、

 

VisualStudio Community 2013ではGUIでViewを作れませんよ

 

と言いたいだけだからだ。

もうほとんど記事化する必要があるのかという感じではあるが、「ひと目でわかるVisualBasic2008データベース開発入門」という本を読みながら勉強していると、2014と2008のバージョンの違いによる差異がちょこちょこあって、いちいち躓いているからだ。

 

本では、「VisualStudioを使ってViewを作ります~」となっているのだけど、実際はVisualStudioではなく、SQLserver2014の場合はSQLServerManagementStudioを使う必要がある。

 

正確には、VisualStudioでもViewが作れないわけではなく、Viewの作り方を理解していて、SQLをサラサラ書ける人なら別に作れる。ただ、本の通りにまずはやろうとしている私のようなタイプの場合、本にはSQLについては書かれてないので、Viewを作成することができない。本には、GUIでダイアグラムペインのテーブルを操作したり、クエリデザイナメニューを操作して作るように書かれているからだ。

※できれば、出来上がるSQLを表示しておいてほしかった。

 

・・・というわけで、VisualStudioじゃなくてManagementStudioを使ってやりましょうね。

 

実際開発現場では、VisualStudioにしてもSQLServerにしても最新バージョンであるとは限らないわけで、片方は最新バージョンで片方は2世代前とか普通にあるからね。

 

C#エンジニア養成読本

C#エンジニア養成読本

 
.NET開発テクノロジ入門2016年版Visual Studio 2015対応版

.NET開発テクノロジ入門2016年版Visual Studio 2015対応版

 
作って覚えるVisual C# 2013 デスクトップアプリ入門

作って覚えるVisual C# 2013 デスクトップアプリ入門

 
VisualStudio.NET2003+SQL Serverで始めるデータベース連動Webフォーム―VB.NET対応

VisualStudio.NET2003+SQL Serverで始めるデータベース連動Webフォーム―VB.NET対応