読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺過ぎてちょっとビビる

26歳からIT業界にいるエンジニアが、まったく成長できてないことを確認するブログ。備忘録的に使いたいとも考えています。

C# を触り始めた その3 【意識の齟齬ばかり】

まぁ、本当はわざわざブログに書くくらいなのでテクニックというか

「○○をしたい場合は、●●をどうしてああして~」的なものをまとめるべきなのだろうが、まったくそのレベルにないのでただの愚痴の吐き場となりつつある。

 

 

作業指示を受けても、その指示内容をきちんと理解してないのがやばい。

一応、「こうするんですよね?」と確認してから作業に入ったのだけど、最終的に齟齬があった。

 

あるシステムの中で、よく使われる機能(この場合コントロール)を部品化しようといういかにもオブジェクト指向的な開発なのだけど、こっちのC#自体の理解が追いついていないせいで5時間くらい時間を浪費してしまった。

 

どういった指示だったか?

 

おそらく指示者の意識

・コントロール自体を部品化する→クラスライブラリ→カスタムコントロールを作れ。(例:テキストボックスに対して改造?を加えたものを自作のコントロールとして部品化するイメージ)

 

僕の理解

・コントロール自体を部品化する→クラスライブラリ→外部関数を作れ。

(例:テキストボックスにあるイベントが起こると関数が呼び出される。その関数を作成するイメージ)

 

途中まではなんとなく理解できていたようなのだけど、最終的に全く違う方向を見てしまったまま進んでしまった。

 

自作のクラスライブラリだのカスタムコントロールだの、初めて聞く言葉ではあったがそれを「わかりません」と質問しなかった僕がいけなかったのか。しかし、Webで検索すればいくらでも出てくるキーワードであり、質問が憚られた・・・。

事前に「こんな感じで」とVSで作られたサンプルプログラムを使った説明を受けていただけに余計に。

 

理解して作業していたつもりだったんだけどなぁ・・・。

 

たった二人の開発チームなので、どうしてもリーダーの力になりたいと思っているんだけど、結局負担させることばかりになってしまっている自分にものすごく嫌になる。

 

うう・・・・・・・・・・。