読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

底辺過ぎてちょっとビビる

26歳からIT業界にいるエンジニアが、まったく成長できてないことを確認するブログ。備忘録的に使いたいとも考えています。

VC++2010で家計簿ソフトを作ろう その1

あまり開発経験のないVC++を使ってなにかプログラムの練習になればと思い、家計簿ソフトを作成することを考えました。実用的でイメージしやすく、またサンプルもいろいろと有りそうだと思いました。

 

正直VC++は開発経験がないので、どの程度で出来上がるのか予想ができません。

 

■開発環境

VisualStudio2010のVC++ フォームアプリケーションを使うことにしました。

 

 

■イメージ図① 基本画面(当日の収支確認画面)

f:id:starscream1999:20121210000932j:plain

 

 

1:カレンダーを表示して、好きな年月日の画面へ移動する。

2:矢印ボタンクリックで前日か翌日に画面を切り替える。

3:今月の収支がマイナス(赤字)になってしまった場合は、赤文字で表示する。

4:基本画面から合計確認画面へボタンクリックで移動する。

5:キャンセルボタンクリックで入力をクリアする。

6:確定ボタンクリックで今月の収支に今日の収支を加えて表示する。

 

1と2についてはVisualStudi2010のオブジェクトにカレンダーが存在しているので、

内部の実装さえいじればわざわざ矢印ボタンクリックとか必要ないかも。

画面中央のエクセル風の入力項目をどのように実装すればいいのか悩んでる。

収支の表示については、前月の収支結果をそのまま持ってきて表示すればいいとは思うんだけど、どのように実装すればいいのかわからない。

ボタンクリックで画面遷移することに関しても、やり方がわからない。

 

 

 

■イメージ図② 当月の合計確認画面

f:id:starscream1999:20121210000950j:plain

 

1:カレンダーから前月または次月の合計確認画面へ移動する。

2:今日の状況ボタンクリックで今日の収支画面へ移動する。

 

1については基本画面と同様にカレンダーオブジェクトを配置することで対応できそう。画面遷移についてはまだわからない。

 

まずはイメージ図からどんなものを作ろうか考えた。

実際実装完了までどのくらいかかるんだろう、2012年いっぱいで終わるといいな。