底辺過ぎてちょっとビビる

26歳からIT業界にいるエンジニアが、まったく成長できてないことを確認するブログ。備忘録的に使いたいとも考えています。

ひとりごと

初めて一人で海外(台湾)旅行に行ってきました ※1日目

仕事のキリがついたので、前から計画していた台湾旅行に行ってきました。実際、仕事中は「台湾行くぞ台湾行くぞ」と強い気持ちを持っていたのですが、いざ仕事のキリがついていつでも行ける状態になると、「一人で海外旅行なんて出来るかな」「LCCという格安…

【客先常駐】客先面談が怖い

客先常駐という形式でシステムエンジニアをしていると、常に面談というフェーズは避けようがない。面談が好き、という人はいないと思ってるんだけども、自分も特に面談が苦手で「良い形で面談が終われたな」というような記憶がない。とはいえ、うまくいかな…

【個人事業主】単価の相場がわからない【フリーランス】

今のプロジェクトは今年の1月から参入してて、もうそろそろ終わる。前年まで会社員としてプロジェクトに入ってて当然会社から給料をもらってたわけだけど、今はフリーランスというか個人事業主としてプロジェクトに参加してるので、最初の契約時に提示された…

プロジェクトにおける「仕事のできる人・できない人」の評価とは

あるプロジェクトに参画してしばらく経つ。現在絶賛結合試験の真っ最中だ。試験実施前まで試験準備としていろいろなドキュメントを作成したりして結構な時間が経過した。その間、チームメンバ間の人間関係も少しずつ構築されてきた。 Aさんはプロパー(1次請…

技術を重ねないまま年だけ取ったエンジニアの末路

今、還暦間近のエンジニアと一緒のチームで働いている。今は設計フェーズなので、特にゴリゴリコードを書くということもないのだけどこのおじさんがとにかく能力が低い。しばらく実装から離れていた、ということでプログラミングでつまづくというのはなんと…

エンジニアの地位向上をするために会社を設立しました、みたいなことを語るベンチャー

どことは言わんが、会社概要に「エンジニアの地位向上を目指す」ために会社を興したとか書いてある会社は非常に胡散臭い。たいがいチャラい風貌のCEOだかがいて、自身はエンジニアとしての経験はほとんどないケースが多い。 「エンジニアの地位向上~」とか…

コミティアに行ってきました(コミティア119)

2月12日、有明の東京ビックサイトで開催された「コミティア119」に参加してきました。参加、といってもサークルとしての参加ではなくお客さんとしての参加です。こういったイベント、とくにいわゆるオタク系のイベントへの参加は初めてだったのでわからない…

日本のSIerの未来

バカみたいにデカいくくりのタイトルになってしまったが、 この記事を読んだら、つい記事を書きたくなってしまった。記事の概要としては、 優秀な外国人学生が日本のSIerに就職したものの、本来発揮される分野や業務に就くことがなく、あくまでほかの一般的…

【漫画感想と紹介】キミは「銀十字」という漫画を知っているか?

「銀十字」という漫画がある。 作者は「真心一把(まごころ いちは)」という若手作家。漫画、とくにWEB漫画に詳しい人でもあまり知っている人は少ない作品ではなかろうか。原作は藤子不二雄(A)の「シルバークロス」というヒーロー漫画だ。藤子不二雄(A)は…

初めての東京ゲームショウ(フラッと行った記録)@TOKYO GAME SHOW 2016

だいぶ遅くなりましたが東京ゲームショウ2016に参加してきたので、感想を書きたいと思います。

プログラミングの学習をするにあたっての言語選定の悩み

自分のエンジニア的な要素を簡単に言うと、とにかくやれることの幅がめっちゃ狭い。面談等で「特に何が出来ますか?」という質問には「C言語での開発経験が長いです」と答える。最近、この答えのウケが悪い。 今までいろいろなプロジェクトに参画してきたが…

部下を一度も持たないまま30代半ばに突入しているエンジニア

これまでいくつもプロジェクトには参画してきたが、部下を持たずにきた。 若手エンジニアに業務でもなんでもなにか指示や指導をする 作業が遅れないようにスケジュール管理する、遅れそうなときはフォローする なにかあれば相談に乗ってやる ・・・というい…

映画「俺物語」を観て思ったこと

漫画の俺物語は読んでいて、内容もまぁまぁ面白いかなとは思っていた。実写化ということで付き合いで映画館で観て思ったことをつらつらと書きたい。

ゲームの感想記事を書いて思うこと

ここ最近2つもRPGを連続クリアした上、その2つとも面白かったのでついつい記事を上げてしまった。 【ゲーム感想】真・女神転生Ⅳをプレイしました - 底辺過ぎてちょっとビビる 【ゲーム感想】デビルサマナーソウルハッカーズ(3DS版)プレイしました - 底辺…

蒲田の「コムシェソワ with餃子工房」という店に行ってきた

初めて入る店というのは、とても怖いものだけどそれはワクワク感も兼ね備えたものなので怖いけど楽しいという気分。今日は久々に一人で夕食ということになっていたので、いつも行かない店にしようと思っていた。蒲田西口のアーケードをプラプラと歩きまわっ…

中国人と仕事するうえでの日本語の壁というかハードルというか

今のプロジェクトでは、設計部分を日本で担当し、コーディングを中国で行っている。プロジェクト管理ツールとメール、IPメッセンジャーなどを使って現地のエンジニアとやり取りを行っている。また、設計の現場でも中国人エンジニアがおり、一緒に頑張ってい…

開発をする上での職場環境について

新しい開発プロジェクトに参画した。自社のメンバーがいるので(しかも工程上リーダーを任されている)、安心だ。今までは個人事業主としてひとりぼっちでプロジェクトにアサインされていたので、ほんとうの意味で相談相手がおらず、何かあってもなかなかよ…

客先常駐と契約期間の話

今のプロジェクトに参加したのが、昨年2014年の12月の最終週から。先日、プロジェクトの契約が今月(2015年3月末)までと知らされた。

オープンソースカンファレンス2015に遊びに行ってきた

今日、2/28(土)に明星大学で開催されたオープンソースカンファレンス2015Spirngに遊びに行ってきました(写真等はございません!)。 オープンソースカンファレンス2015 Tokyo/Spring - オープンソースの文化祭!

プログラミングするより設計書作ってる方が、将来安定する

「なので、うちの会社にはプログラマーは別にいりません」

【蒲田の中華】味の横綱

蒲田の「味の横綱」で夕食済ましてきた。何を食べたかといえば、酢豚・チャーハン・餃子なんだけどものすごく美味しかった。 味の横綱はマスターのおじさんとその奥さんの二人で切り盛りしてるお店なのだけど、とにかく料理が美味しいので、蒲田に行くと結構…

ダラダラと転職活動を続けてしまっている

2015年、年明けすぐに面接に向かった。去年の年末に転職サイトに情報を載せていたら「スカウトメール(要は、採用広告メール。スカウトと名がついてはいるが、採用が確約されているわけでもない)」が来て、「年収450万円希望ならうちで出せますよ!」という…

働きたいと思える会社に面接に行った結果

転職サイトを利用しての面接3社目(もう1社面接予定だったが、前2社と内容が一緒っぽいので断った)が初めてここで働きたいと思える会社だった。

IT業界を離れる人たち

先日、以前同じプロジェクトで一緒だった人たちと久々に会ってきた。ちょうど年末ということで忘年会を兼ねて飲み会をしてきたのだけど、集まった5人中2人がこの業界を去ることを決めたと聞いて軽くショックを受けた。

Paizaというプログラミングのスキルチェックサイトを利用してみた

<a href="http://paiza.jp/" data-mce-href="http://paiza.jp/">paiza [パイザ] | IT/WEBエンジニアのためのコーディング転職サイト</a>

転職活動した結果、内定後の待遇を知って思ったこと

転職活動をしてさっそく2社と面接してもらってなんとなく思ったこと - 底辺過ぎてちょっとビビる ↑の記事の続き。

客先常駐で細々とプロジェクトに参加した結果

転職活動をする上で、経歴の棚卸しをしてみて気づいたのだけど、結局自分には何が出来るのか、よくわからなくなってきた。

転職活動をしてさっそく2社と面接してもらってなんとなく思ったこと

当方、30代半ばのシステムエンジニアです。業務経験はだいたい6年位。現在、事情があって転職を決意したため、転職サイトに登録を行いました。スカウトメールと呼ばれる企業側からの面接依頼(・・・という体になっているが実際は、ただの募集広告メール)を…

恋人ができなかったので、本を読んで代用しようとした話

フリーター時代、大体20代前半くらいの頃、彼女が出来なかったので青春小説を読んで代用しようとした。

またドツボにハマってきてしまっている

今やっている設計書の作成作業なんだけど、正直何がなんだかよくわかってないけど、とりあえずコピペで間に合う部分は対処している。本当に合っているのかどうかよくわからないからものすごいストレスだ。 今やってる作業がわからない上に、質問もできないな…